qrcode.png
http://yawaragi-info.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

研修会

 

平成30年度研修会

平成30年度研修会

平成30年度事業計画発表会

ケアニン上映会IN南幌 たくさんの方々の参加に感謝!

 

平成29年研修会

平成29年研修会
フォーム
 
リスク管理研修会
2018-01-12
事故防止委員会・自律支援課主催のリスク管理研修会を
開催致しました。
重大事故を予防していくために、小さなひやりはっとの
積み重ねと予防策が重要となります。
今回の研修では、今年度の事故分析を通しながらリスク管理に
関する意識を高める内容となりました。
 
 
北海道介護福祉学校 特別授業 講師
2017-10-27
北海道介護福祉学校様より特別講師の依頼を受け、卒業生である入所介護職員、鳴海CWが、今年度の「北海道老人保健施設大会」演題発表した事例発表と学生への福祉研究に向けてのメッセージを伝えて参りました。
 
北海道介護福祉学校は、歴史のある介護学校であり、日頃より当施設も大変お世話になっております。
このような機会を与えて下さった先生方に感謝致します。
 
本日の講義が、福祉研究に取り組む学生へ少しでも参考になれば幸いです。
 
報告者:鳴海 望  西野 雄也
 
アジア健康構想
2017-10-27
現在、社会福祉法人北叡会が進めております「アジア健康構想」は、海外の方を受け入れて、自立支援介護を学んでいただき自国で普及させる目的としてプロジェクト化されました。
 
海外の方の受け入れに関しては、「EPA」や「技能実習制度」等、ありますが海外(東南アジア…ベトナム等)の社会福祉事情をまずは知るため東北福祉大学 赤塚 俊治教授に来所していただき、講義をしていただきました。
 
赤塚教授は、アジア各地の社会福祉を研究されており、国内外でお忙しい中お時間を作っていただき北叡会に来所していただきました。アジア各地の社会福祉事情を知る非常に良い機会となり、今後進める「アジア健康構想」に役立てられる内容でした。
 
医療法人やわらぎからは、三浦副施設長・岡村総務課長が参加させていただきました。
 
平成29年9月 自律支援課職員研修会
2017-09-29
毎月、自律支援課(入所)にて職員が研修を企画し
実施しておりますが、9月は感染(疥癬発生時の対応)
について実施しました。
 
感染症が発生した際に迅速に対応できるよう日頃より
知識や技術を高め、利用者様が安全に過ごせるよう
今後も継続して参ります。
 
企画:自律支援部 自律支援課 大沼和美・熊谷亮宏
 
三法人合同 管理職者研修会
2017-05-11
株式会社ろく舎・社会福祉法人北叡会・医療法人やわらぎ
 
三法人合同の管理職者研修会を開催しました。
講師は、東京より株式会社ブレイン・サプライの岡弘己
先生にお越しいただき、管理職に必要な人材管理等に
ついて学ばせていただきました。
大変貴重な講義をいただき、明日から活かしていける
内容となりました。
 
三法人合同研修会
平成29年9月8日(金)15:00~18:00
場  所:新さっぽろアークシティーホテル
参加者:92名(やわらぎ参加者22名)
 
講師:株式会社ブレイン・サプライ
    代表取締役 岡 弘己  様
1
 

平成28年研修会

平成28年研修会
フォーム
 
平成28年度 下半期虐待防止研修会
2017-02-27
平成29年2月27日 月曜日
 
今年度2回目の虐待防止研修会を開催しました。
・施設における高齢者虐待について
・介護現場のストレスマネジメント
                                         自律支援課 主任 平井 啓太
 
・過去、現在行われている介護を振り返り虐待について考える
                GHみどり野の郷 日下 翔
 
今回の研修は、グループワークを交えながら虐待防止について
考えました。
 
<研修協力>
医療法人やわらぎ 研修広報委員会
 
参加者:医療法人やわらぎ職員 43名
 
食支援プロジェクト 活動報告会
2017-01-31
平成29年2月3日 金曜日
 
食支援プロジェクト報告会(管理職・役職者向け研修)
・各事業所(グループホーム)事例紹介
・栄養ケア研修
・基本ケア研修
 
当法人が昨年10月より発足した食支援プロジェクトの活動報告と実際に関わった事例について紹介しました。老健の多職種連携を法人の各事業所へ広げ、管理栄養士・言語聴覚士が各事業所長やグループホーム職員と連携を通して食事の質の向上を目的に実施して参りました。取り組む中で、それぞれに共通の課題もみつかり、その改善に向けて共有する内容にもなりました。今後も法人各部署(事業所)の連携を強化していきながら、食事に限らず全体的なケアの質の向上に取り組んでいきます。
 
<研修主催担当> 
高山竜生(事務部長・SW) 三浦航平(自律支援部長・CW)
傳法明子(栄養係長・管理栄養士) 橋本亜矢子(リハビリ主任・言語聴覚士)
 
<研修協力>
医療法人やわらぎ 研修広報委員会
 
参加者:各部署管理者・事業所長・役職者・グループホーム職員 39名
 
排泄ケア研修会
2017-01-31
平成29年1月31日 火曜日
 
1月の研修会は排泄について理解を深める為、「排泄」の研修会を行ないました。
個別に適したパッドの選定をする為に当施設が使用するパッドの種類の吸収量を把握しました。普段何気なく使用しておりますが、改めて理解を深める事ができました。また、利用者個々の自主訓練に適した失禁予防体操も研修企画者から情報提供があり、排泄全般について理解できる研修となりました。
 
<研修主催担当> 
平井啓太(介護主任) 目黒北斗(介護副主任) 土屋友里
 
重大事故発生時の対応について
2016-12-27
平成28年12月27日 火曜日
 
今年最後とのなる入所職員の課内研修は、重大事故発生時の対応方法について行ないました。
日頃より、利用者様の安全を確保する為に、さまざまなリスク管理を行なっておりますが、万が一事故が発生した場合は、的確な判断と迅速な対応が求められます。
今回は処置が必要な事故が発生した場合の対応方法、事故報告とひやりはっとの記載の判断について学びました。
 
 自律支援課 課内研修  重大事故の発生について「このような場面であなたはどうしますか」
<研修主催担当> 
荻原太(介護主任) 渡部綾音(グループリーダー) 田村俊明 安倍貴博
 
 
食支援プロジェクト 事例検討会(2)
2016-11-21
11月21日 月曜日
 
食支援プロジェクト主催の事例検討会を開催しました。
今回は、当法人の北広島市にあるグループホーム共栄の郷からの事例でした。
前回同様、今回も法人30名以上の職員が集まり、専門職・部所(事業所)別の混合グループを作りグループワーク形式で事例へのケア方法を検討しました。
 
<事例発表> 
グループホーム共栄の郷  山口聡美(主任)・岩井桃子(主任)
 
参加者:33名
1

医療法人やわらぎ
〒069-0237
北海道空知郡南幌町栄町1丁目1番20号
TEL.011-378-0091
FAX.011-378-0986

みどり野医院
(有床診療所)
介護老人保健施設ゆう
ライフケアセンターなんぽろ

(居宅介護支援事業所アザレア)

(訪問看護ステーションマーガレット)

(ヘルパーステーションおひさま)

(みどり野の郷/鶴城の郷)

(デイサービスセンターみどり野)

(サ高住きらめきの郷)
ライフサポート北広島
(デイサービスセンターなのはな)

(ケアプランセンターすずらん)

(グループホーム共栄の郷)

(デイサービスセンターはなみずき)
 

 
029508
<<医療法人やわらぎ>> 〒069-0237 北海道空知郡南幌町栄町1丁目1番20号 TEL:011-378-0091 FAX:011-378-0986