qrcode.png
http://yawaragi-info.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

入所部門

   
    三 浦 航 平
自律支援部 部長よりご挨拶
自律支援部(入所部門)の副部長をさせていただいております三浦です。私たち入所職員は入所者様が在宅復帰できるよう自立支援に力を入れた介護を展開しております。
入所者様が元気になって自宅に帰られる事が、私たちの何よりの励みとなり職員の活力となっております。平均年齢30歳とまだまだ若い職員が多いですが、現在もさまざまなケアの取り組みや勉強会を通して知識や技術の向上を図っております!皆様が元気になり満足していただけるケアの展開を進め、より質の高いケアへ日々前進して参ります!!
 

「老健:ろうけん」の本来的機能と私たち「老健ゆう」の取り組み

「老健:ろうけん」の本来的機能と私たち「老健ゆう」の取り組み
 
他職種による総合的な支援を提供!そして在宅復帰へ・・・
例えば、水分やお食事がしっかり摂れる事、移動や移乗が安全に出来る事、日中に起きて活動する体力がつき、夜間ぐっすり眠れるようになる事、トイレで排泄できるようになる事などが、支援の目的としてあげられます。高齢で病気や障がいがあっても、適切にプログラム化されたサービスの提供で、まだまだ回復できる機能が多くありますので、回復の可能性について具体的に示し、多職種協働で取り組んでおります。このような支援や取り組みにより、早期の「在宅復帰」=ご自宅に戻って生活をしていただくことを目標とし、ご利用者様それぞれがその方らしい生活が送れるよう努めております。
また、「在宅復帰」された後に、ご家族様の介護負担を軽減する為の各種サービスを提供する事も、その機能として備えています。
 

在宅復帰の後にこそ「見える」「繋がる」支援が必要

在宅復帰の後にこそ「見える」「繋がる」支援が必要
 
利用者様の状況に合わせたサービスの提案が可能
ご本人様やご家族様にとっては、老健を退所した日からが本当の生活の再スタートであります。そのため、ご本人様やご家族様に在宅復帰のご相談をする際には、在宅時のケアマネージャーとの連携や、必要と思われるサービスについての提案を行い、退所してからも継続的にご相談に応じる事ができる事を、しっかりとお伝えしていきます。
ご自宅での生活をサポートするにあたり、併設の事業所であるデイケアや訪問看護、訪問介護などでお手伝いが出来れば、老健としてもその後の状況把握が出来ると共に、何か問題が発生した場合には、タイムリーな支援がし易くなります。
老健相談員としては、万が一ご自宅で大きな問題が起こった際には、再度入所のご相談をいただき、また一緒に解決に向けた取り組みを行える準備がある・・・という事は、何をおいてもお伝えしたい事であり、それにより少しでも「在宅復帰」に向けた不安や負担感が軽減出来れば良いと考えています。
 

施設内行事について

施設内行事について
 
全職員が皆様に満足していただける行事を企画開催!
老健ゆうでは、皆様に四季を感じていただきながら、楽しんでいただけるように毎月行事を開催しております。屋外への外出行事を始め、相談員やリハビリ職員、事務職員等が協力する祭典行事まで、皆様全員に満足していただける内容を実施しております。行事参加が日常生活の意欲向上や普段のリハビリの成果の場になっております。
 
 
     運動会行事
 
   ゆう祭職員劇の様子
 
    クリスマス会
 

耳鼻咽喉科専門医の診察について

耳鼻咽喉科専門医の診察について
 
食事形態アップ常食化に向けた取り組みの一環として、月1回 耳鼻咽喉科の専門医にて、個々の入所者様の咀嚼・嚥下機能の確認や課題解決への助言・指導をいただいております。

医療法人やわらぎ
〒069-0237
北海道空知郡南幌町栄町1丁目1番20号
TEL.011-378-0091
FAX.011-378-0986

みどり野医院
(有床診療所)
介護老人保健施設ゆう
ライフケアセンターなんぽろ

(居宅介護支援事業所アザレア)

(訪問看護ステーションマーガレット)

(ヘルパーステーションおひさま)

(みどり野の郷/鶴城の郷)

(デイサービスセンターみどり野)

(サ高住きらめきの郷)
ライフサポート北広島
(デイサービスセンターなのはな)

(ケアプランセンターすずらん)

(グループホーム共栄の郷)

(デイサービスセンターはなみずき)
 

 
036624
<<医療法人やわらぎ>> 〒069-0237 北海道空知郡南幌町栄町1丁目1番20号 TEL:011-378-0091 FAX:011-378-0986